としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

ナッシュビルのハーミテージ・ゴルフコース(Hermitage Golf Couse)でプレーしてきた… 大自然の中でダイナミックにプレーするにはもってこいです。

広告

仕事で知り合ったHDCP+3の米人がいます…

アメリカでHDCP+3って、日本のツアープロより凄そうです…

 

彼は、丸山茂樹プロが3勝目をあげたノースカロライナ州Sedgefield Country Clubの

クラチャンです…

 

そんな彼がナッシュビルに仕事で来る時は、

Hermitage Golf Couse

でプレーする事が多いとの話を入手…

 

f:id:Toshibo:20190616231244j:image

 

そんなに上手な米人がよくプレーするゴルフ場に一気に興味が深まりました。

(テネシー州No.1パプリックコースとも言われているとか)

 

場所は、ナッシュビルのダウンタウンから北東側に位置しており、

自宅からは1時間15分程度かかります。

 

コースは、

 

President's Reserve

f:id:Toshibo:20190616231307j:image

 

General's Retreat

f:id:Toshibo:20190616231324j:image

 

の2つのコースがある合計36ホール。

 

HPを見ると何となく、President's Reserveの方が良さそう…

 

<公式HP>

Hermitage Golf Course | Voted #1 Public Golf Course in Nashville, TN

 

早速、月末に近くの日系会社の社長さんと行こうと調整…

 

すると、予約が取れない??

 

残念ながら、リノベーションにより月末から2カ月間クローズでした(泣)…

仕方なく、Generals's Retreatを予約(こちらはオープン)。

 

それでも楽しみです。

 

と思っていたら、ゴルフ仲間からPresident'sでプレーをするお誘いが…

二つ返事で快諾して、クローズ前に行ってきました。

 

午後スタートなので、クラブハウスで昼食…


f:id:Toshibo:20190616231418j:image

f:id:Toshibo:20190616231425j:image



これが少し残念…

普通にハンバーガー程度しかありません。

 

f:id:Toshibo:20190616231613j:image

 

それよりも36ホールあるコースなのにテーブルの数が少ないんです…

皆ここで食事取らないんでしょうね~…

 

レッスンで習ったことを実践するために、少しレンジでボールを打ちたいです。


f:id:Toshibo:20190616231554j:image

f:id:Toshibo:20190616231547j:image



アメリカらしく、芝生の上から打てます…

とは言っても芝生はボロボロですけどね…

 

f:id:Toshibo:20190616231644j:image

 

ボールは台車に入っていて、取り放題…

何球でいくら?

みたいなケチ臭い事はありません。

 

バンカーやアプローチ練習をするスペースも充実していて、

そこにもボールが用意してあります。

 


f:id:Toshibo:20190616231717j:image

f:id:Toshibo:20190616231711j:image



 

さて、コースは?

 

President'sは、練習場のあるクラブハウスの前から、カートで随分奥の方まで走っていく感じ…

 

このコースでプレーしない限りどこからも見えない場所にあります。

一言で言えば、広大な敷地の中の自然の中にできたコース…


f:id:Toshibo:20190616231749j:image

f:id:Toshibo:20190616231755j:image



今回は、白ティでプレーしたので、ティショットのプレッシャーは殆ど無い位、

ホールは広いです。

 

池がらみのホールが比較的ありますが、白ティだとその前にいったりするので

池は殆ど気にならないようになります。

 


f:id:Toshibo:20190616231842j:image

f:id:Toshibo:20190616231837j:image

f:id:Toshibo:20190616231918j:image

f:id:Toshibo:20190616231909j:image

 

 

青がレギュラーティになるんでしょうね。

スコアカードには、推奨ハンデは、

 

黒:0-5

金:6-10

青:11-15

白:16-20

緑:21-27

橙:28-

 

となっています。

 

本当は、これに合わせて同伴競技者もティを選択したほうが良いんでしょうね…

ジャカルタでは、たまに同じ組でもティを変えたりしましたが、

初心者やまだスコアを出せない人は自分からもっと前に行って欲しいなぁ…

 

フェアウェイのアンジュレーションは少なく、グリーン周りも特に変な仕掛けが無い、

王道のコースで、パープレーを目指す事を楽しむレベルであれば公平なコースだと思います。

 

ラッキー・アンラッキーがあまり無いという意味で、上級者は面白いんでしょうね。

 

自分は、コースの美しさも重要なポイントで、

そういう意味では、自然を生かしたコースであるものの、少し単調に感じます。

 

途中、グリーンわきに羊の群れがムシャムシャと草を食べている場面に遭遇したのは、

癒されました…


f:id:Toshibo:20190616232001j:image

f:id:Toshibo:20190616232007j:image



ゴルフの発祥は、羊飼いがウサギの巣に石ころに入れて遊んだことと言われています…

 

グリーンは、月末から張り替えられると思いますが、

悪くも無いですが、少し荒れているかなぁ?

このレベルで管理されていれば、十分です…


f:id:Toshibo:20190616232046j:image

f:id:Toshibo:20190616232038j:image



フェアウェイにもカートの乗り入れが自由ですが(アメリカは普通)、

下も硬くなっていなく、良いコンディションをキープしています。

 


f:id:Toshibo:20190616232117j:image

f:id:Toshibo:20190616232746j:image



目土がカートに積まれていなかったので(普通はカートに乗っている)、

目土が出来なかったのは、コースに申し訳なかったです。

 


f:id:Toshibo:20190616232242j:image

f:id:Toshibo:20190616232250j:image

 

もう少し通って、コースを覚えてくるとドンドン面白くなってきそうなコースでした。