としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

AIG全英女子オープンで日本の渋野日向子選手が見事に優勝

広告

やりました!!!

 

AIG全英女子オープンで日本の渋野日向子選手が見事に優勝!!

 

正直、渋野選手って良く知りませんでした。

 

3日目を終了し、ヤフーニュースで単独トップになっていることを知り、

 

日曜日に朝からTV観戦…

 

時差の関係で、イギリスの試合はここ米国では朝から中継が始まり、

お昼頃に終わるので、最高の時間です。

(米国内の試合だと夕方になるので、1日が無駄になるというか…)

 

TVを付けた時は最終組のスタートまでにまだ1時間半以上…

レンジのシーンを映していましたが誰が渋野選手??

 

そんなにわかファンですが…

 

さて、スタート時間も近づいてきて、TVに映るようになって、びっくり…

 

スタート前なのにギャラリーの要求に応えて、一緒に写真を笑顔で撮っている。

 

これはびっくり…

 

宮里藍選手も、ファンサービスは素晴らしかったですが、

こんな底抜けの笑顔で写真まで撮っている(それも単独トップの選手がスタート前に)ことなんて、今まで見たことありません。

 

あの世界No.1の地位から電撃引退したオチョア選手もスタート前はサインお断りでした…

 

試合が始まり、またびっくり…

強気のパット…

 

打った瞬間、こっちがドキッとする強気…

 

序盤で4パットのダブルボギーをした時は、画面上笑顔が消えていましたが…

 

それでもインターバルの途中ではギャラリーと笑顔でハイタッチ…

もう本当にびっくり…

 

中盤から大混戦になって、優勝は無理かなぁとちょっと思いましたが、

笑顔も戻ってきて、強気は相変わらず…

 

18アンダーでプレーオフと予測していました。

 

18番ホール、アメリカのサラス選手がまさかのバーディパットを外す…

それまでなんてパットの上手な選手と思っていたので、やはり相当なプレッシャーだったんでしょうね。

 

渋野選手はスイングもとても美しく、見ていて安心感がありました。

 

最終ホールのウィニングパット…

打った瞬間、またびっくり…

強い…

 

それが見事にカップイン…

 

この時、同組の南アのブハイ選手も両手を上げてガッツポーズ…

これは、とても感動しました…

彼女も優勝のチャンスがありました…

それでも、渋野選手の見事な勝利に思わず両手を挙げた…

嬉しかったですね…

 

日本のマスコミはまた大騒ぎになると思います。

 

テニスの大阪選手のようにマスコミが大騒ぎして、変なプレッシャーをかけないでもらいたいものです。

 

この快挙…

男子の松山選手にも良い伝染をしてもらいたいなぁと思いました!