としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

改修したNew Cengkareng GC (チェンカレンGC)。 池と大木を上手く絡めて戦略性の高いコースになっていました。

広告

リニューアルした

 

Cengkareng GC (チェンカレンGC)

 

コース自体はどのように変わったんでしょうか。

 

とは言っても、前のコースを殆ど覚えていません(爆笑)。

 

一度プレーしたコースをしっかりと記憶できる

ゴルフ脳の優秀な人達との差が…

 

だから一向に上達しないんですね(苦笑)。

 

どのパーティも青ティから打っているので、何も気にしないで青ティを選択。

ヤードに直すと全長6,389ヤードのパー72のコースになります。

 

インドネシアのコースは一般的に距離が短い印象です。

日本では山岳コースを除けば、この位の距離は白ティじゃないかなぁ??

 

各ホールは広々としていて、ティショットでプレッシャーになるホールは殆ど無いと言っていいですね。

 

f:id:Toshibo:20181204121247j:image
f:id:Toshibo:20181204121243j:image
f:id:Toshibo:20181204121253j:image

 

218ヤードのパー3や

435ヤードのパー4もあったりするので、

全長の距離よりも醍醐味を感じます。

 

各ホールの距離にバラエティがあって、戦略性があるコースと言えると思います。

 

広々したホールは、意外と大きな木があったりして、

狙いと異なる場所にボールが飛ぶと次打がスタイミーになるなど

空中のハザードを生かしています。

 

f:id:Toshibo:20181204121321j:image
f:id:Toshibo:20181204121316j:image

 

日本の林間コースのように松林が密集していて、逃げ道がないような事は無く、

(日本はこれが名門コースとか言われますが、どうなんでしょうねぇ…)

 

f:id:Toshibo:20181204121352j:image

 

上を狙うか、下を通すか、戻るか…

曲げてしまっても次のショットをどうしようかと、楽しめます。

 

改修されたホールは、池を上手く絡めているようです。

f:id:Toshibo:20181204121339j:image

 

 

改修中のイメージが悪かったんですが、

今回の改修は大成功と言っていいんじゃないでしょうか。

 

長いホールと短いホール、

池が絡むホールと大木がアクセントとなるホール、

とても面白い18ホールになっています。

 

さて、このチェンカレンGCは、土地が軍の保有…

スカルノハッタ国際空港の隣です。

 

ロイヤル・ジャカルタGCも国内線空港のハリム空港の隣。

 

どちらも滑走路の横にホールがレイアウトされている所があります。

 

ティボックスに上がってきた時に

ちょうど、ライオン・エアが誘導路に入ってきました。

 

f:id:Toshibo:20181204121409j:image

 

先日、ここを飛び立ったライオン・エアがすぐ沖のジャワ海に墜落したことは

記憶が新しいです。

 

キャディさんは、歩きのラウンドですので他のコースよりも大変だと思います。

仕事の量はごく普通。

 

f:id:Toshibo:20181204121621j:image

 

 

しかし、この日は暑くてへばりました。

前半の7~9ホール位は本当に大変で、熱中症にかかりかけ。

 

ハーフで止めようと同伴のメンバーは、誰かが切り出さないかと

思っていたようです。

 

後半になると少し陽射しも和らぎ、復活。

なんとかラウンドして、レストランへ。

 

このチェンカレンGCのもう一つの人気は

レストランの店員さんが刺激的な事。

(昔はそれこそ19番ホールというのがあったようですが、

ローカルの奥様がオーナーに大クレームを入れて、最近はすっかり大人しくなったと

ローカルの人達が教えてくれます)。

 

正面の写真は問題があるので、後姿をアップします(笑)。

本人に了承済みです…

 

f:id:Toshibo:20181204121503j:image

 

 

もう一つの名物は、フローズン・マルガリータ。

 

f:id:Toshibo:20181204121635j:image

 

 

美味しいのでグイグイ飲んでしまいますが

意外とアルコール度数は高めなので、後から効いてきます。

 

久しぶりのチェンカレンGC。

楽しかったです。

 

 <関連記事>

www.toshibo-enjoylife.net