としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

Damai Indah Golf BSD Courseで1年以上振りにプレー。戦略的で面白いですね。

広告

久しぶりに(今年も12月も終盤になって初めて)、Damai Indah Golf BSD Courseに行ってきました。空港近くにPIK Course もあり、メンバーの方は両方のコースを利用できます。

 

私はBSDと呼びますが、スルポンと呼ぶ方が通な感じがしますね…

 

f:id:Toshibo:20181216213255j:image

 

クラブハウスのお出迎えのクリスマス・ツリーはこんな感じ。

お洒落な感じですかね。

 

この日のティタイムは遅めの7:58。

ゆっくりとクラブハウスで朝食を取りました。

バッフェとの事だったんですが、並んでいた飲茶を取ったら別料金でした。

しかも、コーヒー代もしっかりと別料金で加算…

 

正直、とても高い朝食になりました(泣)。

 

ここでの食事は昼も含めて、値段を覚悟するか

利用しないほうが良いかなぁ…

 

時間もあるので、チッピング・練習場へ。

f:id:Toshibo:20181216213821j:image

 

ジュニアがプロに習っていました。

このプロ、日本語が結構話せて、ワンポイントレッスンを仲間にしてました。

なかなかためになるアドバイスでメンバーならレッスンを受けたいところです。

 

コースはジャック・ニクラスの設計?監修?

特徴は大きなバンカー(ルール的にはバンカーでは無く、荒地扱いなのでソール出来るという理解)、

がコースの横にずっと続くようなホールがいくつもあるのと

池が組み合わせています。

 

f:id:Toshibo:20181216214002j:image
f:id:Toshibo:20181216214011j:image
f:id:Toshibo:20181216214017j:image

f:id:Toshibo:20181216214249j:image

 

ジャカルタ近郊エリアのゴルフ場では好きなコース ベスト5に入ります。

1番の理由は、距離がある事。

白ティでも6,309 ヤード。

青ティだと6,747 ヤードあります。

 

この距離は、意外とジャカルタ周辺では長い方になります。

また、各ホールは特徴的で飽きないんです。

 

が…

 

今日の仲間からは結構酷評…

 

理由は、コストパフォーマンスが悪い。

全てが高いんですよね。

 

あとは、グリーンがローラーをかけていて、好みに合わなかったようです。

これは好みなので何とも。

 

ロイヤル・ジャカルタの方がメンテナンスやレイアウト、

グリーン・コンティションが優れていて、値段も安い!

という結論でした…

 

多くの日本人駐在員はメンバーになっているので、

評価が異なると思います。

 

このコースが面白いと感じる事の一つにティが一杯ある事。

これは、ジャック・ニクラスが提唱している事ですが

“前から打て”

ですね。

 

f:id:Toshibo:20181216214827j:image

 

特に日本人のアベレージ・ゴルファーは後ろから打ちたがる傾向がありますね。

(韓国人やインドネシア人は、腕前に関係なく青ティですが…)

 

ニクラスは、積極的に短いティボックスを使ってプレーしよう、

そして、良いスコアで上がろう、

と言っています。

 

青ティから廻って、90オーバーなんかあり得ないですからね…

 

日本のプロと、アメリカのプロの違いで面白い話があります。

日本のプロはバーディが続くと自然と心がブレーキをかけてしまう、

こんなに続くはずが無いという事。

 

それに対して、アメリカのプロは5連続や6連続が出てくると、

全部バーディを取ってしまえと思うらしいです。

 

これは、ジュニアの時代から短いティを使い、

アンダーのスコアで回る事に慣れているからのようです。

 

バーディが出て当たり前と考えるんですね。

面白い話だと思います。

 

コースは所々のホールでカートがフェアウェイに乗り入れ可能でした。

雨季に入っているのに、水はけが良いんでしょうね。

 

ショット時は、ターフも普通に取れますし、硬い印象はありません。

ただ、グリーンはローラーをかけているので、

硬いですね。

アプローチのファースト・バウンドが弾かれる感じ。

 

ディスタンス系のボールでは止まりそうもありません。

 

その反面、微妙な傾斜は消されているので、

ラインが合えばスコーンと入るグリーンです。

(入らないとダラダラと転がっていきます)

 

コースがもっとわかってくると楽しくなるコースだと思います。