としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

アジアツアーの最終戦、インドネシアン・マスターズ開催前のロイヤル・ジャカルタGCに行ってきた。

広告

ゴルフのアジアツアー(Asia tour)の最終戦が今週インドネシア・ジャカルタのロイヤル・ジャカルタゴルフクラブ(Royal Jakarta GC)でインドネシアン・マスターズ(Indonesian Masters Tournament)として行われています。

 

この大会、昨年は宮里優作プロが4位に入ったことで、世界ランキング50位以内に滑り込み、見事マスターズへの切符を手に入れた大会です。

 

昨年の優勝はジャスティン・ローズ。

4ラウンドの内、2ラウンドを10アンダーで廻るという圧勝でした。

昨年は観戦に行きましたが、自分たちが苦労する粘るラフからも

何にも気にしないで打っていき、狙った所に落とす技術に

見ていて正直、

つまらない!

っていう感想でした。

 

www.toshibo-enjoylife.net

 

さて、気が付いたら大会前の週にプレーしていたので、

振り返ってみました。

 

クラブハウスは例年ゴルフボールを使ったクリスマスツリーでお出迎えです。

f:id:Toshibo:20181214114746j:image
f:id:Toshibo:20181214114740j:image

 

 

この日は1階のVIPルームを予約。

シャワーとロッカーも中にあり、カートも部屋から出てすぐの所にあるので便利です。

 

一つの疑問が。

このVIPルームはいくつかあるのですが(少人数から4組分用まで)、

シャワーが3個しかない事。

ここを利用する人達は、1組3人で廻るの??

 

いつも誰か一人シャワー待ちになります。

 

食事をサーブしてくれるウェイトレスさんは指名も可能。

3人が待機してくれることもありますが、

料理は2階から運ぶので、少し時間がかかるのが難点。

 

この日は受付?でもの凄い綺麗な女性が案内から全てをしてくれたんですが

ドキドキします。

 

コースは27ホールありますが、この中から18ホールを選択。

使わないホールは駐車場に使ったりします。

 

この日のプレーは試合で使うホールをメインに。

 

ラフは思った程、伸びてはいませんでしたが、

大会までにもう少し伸ばしたんでしょうね。

(プレーしたのは前週の金曜日。大会まで6日間あるのでインドネシアでは十分な時間があります)。

 

グリーンも通常営業とそれ程スピードが変わらない印象でしたが、

ローラーをかける作業しているグリーンもいくつか見たので、

1週間で仕上げてくるんでしょう。

 

雨期に入っているので、コンディション作りは難しいのか、

逆に優しいのか、

グリーンキーパーの人に聞かないとわかりませんが

グシャグシャになってしまう事もあるので、大変だと思います。

 

ティボックスには、試合用の看板の設置が始まっていました。

とりあえず、一か所に設置している所も。

 

f:id:Toshibo:20181214114814j:image

f:id:Toshibo:20181214114819j:image

 

観客席も急ピッチで設営がされています。

大会当日は真っ白で綺麗になります。

 

f:id:Toshibo:20181214114842j:image
f:id:Toshibo:20181214114849j:image

 

 

写真は、大会では18番ホールになる筈のパー5のホール。

f:id:Toshibo:20181214114905j:image

 

当然、ティボックスは一番後ろになりますが

プロは池の向こう側のバンカー群の左の木の左を狙ってくるのが飛ばし屋。

バンカー左側を狙ってくるプロも多いですが、

ドライバーを持たないプロも多いですね。

 

一般的なアマチュアが白ティからで正面のバンカー狙い。

250ヤードのキャリーが出る人で木の上を狙っていきます。

 

セカンド地点。

f:id:Toshibo:20181214114924j:image

 

グリーンは、池の向こうクラブハウスの手前です。

ここから池越えを狙うか池(右側のクリーク)の手前にレイアップするかは

プロでも分かれるホールです。

 

このホールで何の躊躇も無くツー・オンを狙ってくるプロ、

ツー・オン狙いでは無くても残り50~80ヤード位に打ってくるプロが

優勝争いをしていると思います。

 

今年、このホールはイーグルを取りました。

 

優勝は誰の手に??