としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

ゴルフコースに求めるものは何ですか? 

広告

Boots Randolph Golf Course (ケンタッキー州)のコースはどうなのかぁ?

と思った時、ふと考えました…

 

f:id:Toshibo:20190313101242j:image

 

自分はゴルフコースに何を求めているんだろう?

 

ゴルフをする方が100人いたら100通りの求めるものがあるんでしょうか?

それともいくつかに分類されるのかなぁ?

 

やっぱり一番きになるのはグリーン?

フェアウェイのコンディション…

アップダウンやレイアウト…

どんなキャディさん?

混み具合?

レストランの食事?

 

日本のホームコース(休会中)は、月例しか出ていなかったので

あまりコースの従業員と親身になっていませんでした。

まぁ 練習としてプレーしていたのですが、

いつも顔を合わせる方達とは仲良くなったものの、

すぐにインドネシアに転勤になってしまったので、そのままです。

 

このコースは山岳でしたが、グリーンのメンテナンスが素晴らしく、

美しかったので、楽しかったですね。

 

インドネシアでは、ホームコースで求めたものは

今となってはなんだったんだろうと思います。

全従業員とも仲良しで、楽しくプレーしていました。

 

グリーンが難しい(傾斜が複雑)と評判でしたが、

毎週プレーしていれば、3パットをする事も無くなり、

逆に簡単なグリーンとも言えたように思えます。

 

インドネシアの他のコースで求めたものは…

綺麗なキャディさんがつくかどうか(笑)…

 

どこのコースも若くてスタイルの良い黒髪ロングの女性がキャディにつきます。

当然、中にはそうではない方もいらっしゃるので…

 

中にはプレー後の邪な考えを持っている輩もいますが…

 

それ以外に期待したのは、コースレイアウトでした。

チャレンジングなコースか簡単そうで罠が仕掛けられているのか?

 

メンテナンスなどは段々と気にならなくなりました…

 

思い直すと日本のゴルフ場は美しすぎる…

自然な感じが少し欠けている??

 

綺麗なフェアウェイでナイスショットがディポット跡に入っていたら、

ショックが大き過ぎます。

 

そこそこのコースで慣れてくると、それもゴルフとショックが段々と無くなりました。

スコアを気にしなくなってくるんですね。

(もちろん3桁クラブに入会したら大ショックですが…)

 

そんな事を考えながら、それでもより良いコースを探しています。