としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

十年一昔… フィラデルフィア空港が近未来的な雰囲気に変わっていました。

広告

十年一昔…

 

最近は、三年一昔…とか言われるようになるなど、

時代の流れは速くなっていますね…

 

歳を重ねるにつれて、時間の経過が速くなるのは、

多くの人が感じる事だと思いますが、

これは、人生経験を積んでくる事による感じ方の影響のようです。

 

といっても、実際に生まれたばかりの赤ちゃんが小学高の中学年になっている事を思うと

十年って凄いですよね。

 

仕事で9年振りにフィラデルフィアにやってきました。

当時、ターミナルを改装中でセキュリティ・チェックなども大混雑…

搭乗時間に間に合わないんじゃないかとヒヤヒヤしたりしていました…

 

今回、ナッシュビルからアメリカン航空でフィラデルフィア空港に到着し、

ターミナルに入った時に、時代の流れを実感しました。

 

どこもかしこも、タブレットが並んでいるんです…

もう歩いても歩いても左右のお店のテーブルに凄い数のタブレットが…


f:id:Toshibo:20190411210408j:image

f:id:Toshibo:20190411210403j:image

聞けば最近の空港は随分こんな感じらしいのですが、

正直、初めて見る風景でした。

 

何しろ、1箇所とか数箇所とかでは無く、全部のエリア!って感じなんです。

 

田舎者感丸出しでしたが、近未来のSF映画のような雰囲気でした。

 

十年一昔 実感です!