としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年1月末で3年弱のジャカルタ駐在終了。2月より2度目の米国駐在がスタート。

綺麗なフェアウェイからターフを取るって気が引けちゃいます。TPC JASNA POLONA。

広告

TPC Jasna Polona でのラウンド…

 

ホテルを出る時に気が付きました…

 

レーザー距離計を忘れた…

 

それに眼鏡も…

 

凹みます…

 

レーザー距離計はコースを知らない時には必需品になっています…

 

残り距離を測るよりも、打ってはいけないポイントまでの把握に使う事の方が多く、

 

残念…

 

と思ったのですが、乗入カートにGPSが付いていたので、問題無し…

 

便利になりましたねぇ…

 

それよりも眼鏡…

 

普段している眼鏡は度を落としているので、ゴルフの時は200ヤード位から

 

ボールが良く見えません…

 

ジャカルタではキャディさんが見ていてくれたし…

 

正直、フェアウェイにボールが無いと全部ロストボールになってしまう恐れが…

 

そんな事を思うとやっぱり凹みます…

 

頑張って、フェアウェイにボールを運ぼうと思うよりも、

 

同伴の方に期待…

 

マナー違反ですね…

 

まぁ初心者じゃないし、なんとかなるでしょ…

 

1番ホールは左ドックレッグ…

 

f:id:Toshibo:20190903123650j:image

 

気候は早くも秋の装い…

 

湿度も低く、絶好のコンディションです。

 

2番ホールは距離の短いパー3。

 

f:id:Toshibo:20190903123710j:image

 

昨日も書きましたが、ここは元々個人のお家…

 

凄いですね…

 

「関連記事」

www.toshibo-enjoylife.net

 

ニュージャージー州は、別名 Garden State

 

その名の通り、道路を走っていても大きな木もあり、綺麗な所です。

 

このコースも同様に大木がホールをセパレートしています…

 

f:id:Toshibo:20190903123806j:image
f:id:Toshibo:20190903123756j:image
f:id:Toshibo:20190903123829j:image

 

何となく、日本のコースにも雰囲気が似ていますね。

 

圧迫感を感じる事は無いのですが、飛距離よりも方向性が重要視されるコースです…

 

フェアウェイ、ラフ共にいわゆる寒地型西洋芝…

 

ベント芝でしょうか…

 

f:id:Toshibo:20190903123851j:image

 

葉の柔らかい種類です…

 

とても綺麗です…

 

ラフもあまり伸ばしていなく、すっぽりとボールが埋まる事はありません…

 

それでも落下地点が見えなかったホールでは、ロストボールになってしまいました…

 

3分間探す事をせず、すっぱりと諦めました…

 

やっぱり芝の種類でゴルフが変わりますね…

 

ターフが綺麗に取れていく打ち方で無いと、ナイスショットが難しい…

(使っているアイアンに依存すると思います。自分はミズノプロの118。

もっと低重心なら払ってもボールは上がってくれますが)

 

f:id:Toshibo:20190903123919j:image

 

それが、貧乏性の為、綺麗なコースだと申し訳なくて、ターフが取れない…

 

という気持ちがどこかに働き、トップしたりします…

 

本当にメンタルが弱い…

 

普通の人は気にしないのかなぁ…

 

f:id:Toshibo:20190903124006j:image

 

最終18番ホールはパー5。

ティショットを思いっきりミスしてしまい、セカンドを狙うことが出来ず…

前回は2オン4パットだったので、リベンジしたかったのに…


f:id:Toshibo:20190903123953j:image

 

クラブハウスはコンサバトリィ付きです…

 

こんな家に住みたいですね。

 

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村