としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

新型コロナウィルスのモデルナ製ワクチンを打ってきました。 心配された副反応はありません。 少し痛い位?

広告

申し込んでいた新型コロナウィルスのワクチン接種をしてきました。

 

ここケンタッキー州でのワクチンの接種手続きは簡単に書くと以下の通り。

 

ケンタッキー州の公式HPから簡単な質問形式に答えて予約登録をします。

 

自動的に摂取ができる順番のカテゴリに振り分けられます。

 

摂取ができる順番が回ってくると、登録していたメールやスマホのテキストに案内がきます。

 

再び公式HPにアクセスして都合の良い日にちを予約。

 

こんな感じでとても便利に登録や予約ができました。

 

そして本日、予約の時間に接種に行ってきました。

 

会場は街のコンベンションセンター。

 

隣は出来たばかりのホリデーインホテルがあり、駐車場を間違えないように案内が親切に出ていました。


f:id:Toshibo:20210311115910j:image

f:id:Toshibo:20210311115906j:image

 

会場の中はテーブルがとても離れて設置してあり、アルファベットの表示(名前のイニシャルの所で受付)に従って受付をします。


f:id:Toshibo:20210311115931j:image

f:id:Toshibo:20210311115935j:image



名簿がしっかりと出来ていて、IDを見せて受付終了。

 

受付の1枚の書類を受け取り(個人情報が既に記載済み)、隣のテーブルへ。

 

この時に2回目の接種を受けるときのカードを受け取ります。

 

ちょうど1ヶ月後、同じ時間に絶対来なさいよ〜と言われました。

 

 

 

椅子に座って、注射です。

 

簡単な体調に関する質問があり、寝る時の向きで腕を選びました。

 

“どこのワクチン?“

 

“Moderna“

 

“ん?聞いた事ない? もう1回言って?? あなたの名前じゃないよ(苦笑)“

 

“Moderna“

 

ああ、モデルナか(苦笑)

 

てっきり、ファイザーかアストロゼネカだと思っていたので、ちょっとびっくり。

f:id:Toshibo:20210311115950j:image

セルフィで写真を撮っていたら、注射してくれた陽気なおばちゃんが、

 

 

“そこにいるお兄ちゃんに撮ってもらう??“

 

“おおぉ 記念のためにお願いしちゃおうかなぁ(笑)“

 

“じゃちょっと待ってね、針抜いた注射器で真似だけするから“

 

メチャクチャ陽気な感じです(笑)

f:id:Toshibo:20210311120013j:image

 

この写真はフェイクですから。

 

注射後は、隣の部屋で15分程副反応があるかの様子見で待機です。


f:id:Toshibo:20210311120026j:image

f:id:Toshibo:20210311120030j:image



全く違和感を感じず、会場を後にしました。

 

f:id:Toshibo:20210311120048j:image

 

接種後、6時間位たった今、注射した腕が少し重い感じで打った周囲が軽い痛みというか違和感があります。

 

と言っても意識しているからそう感じるだけかもしれませんし、ほぼほぼ気になりません。

 

モデルナ・ワクチンについて知らなかったのですが、調べてみると一番いいワクチンだったのかも。

 

良かったです。