としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。2019年2月より2度目の米国駐在がスタート。

ツアーチャンピオンシップを開催するイーストレイクゴルフクラブはボビージョーンズと深い関係があります。

広告

今回、ツアーチャンピオンシップに行ってきた理由の一つに開催されたコースが上げられます。

 

イーストレイクゴルフクラブは、2005年からツアーチャンピオンシップの恒久的な本拠地となっています。トーナメントは1998年にイーストレイクで最初に開催され、それ以来20回イーストレイクで開催されています。ツアーチャンピオンシップは、フェデックスカップのPGAツアープレイオフの集大成イベントであり、毎年ポイントリストの上位30人のプレーヤーのみが参加します。

 

そしてアトランタのコースと言えば、オーガスタナショナル。

その設立者のボビージョーンズのホームコースなんですね。

f:id:Toshibo:20210908100743j:image
f:id:Toshibo:20210908100739j:image
f:id:Toshibo:20210908100736j:image

 

1930年、28歳で、ボビージョーンズは、全英アマチュア、全英オープン、全米アマチュア、全米オープンの4つの主要なゴルフ大会すべてで優勝しました。いわゆる年間グランドスラムを唯一達成している伝説のプレイヤーです。

 

ボビーはこの歳に競技ゴルフから引退するのですが、1948年にここイーストレイクでゴルフの最終ラウンドをプレーしています。

 

面白い話があるのですが、あの雷の中、凧を上げて雷は電気だと発見したベンジャミンフランクリンは、この業績でヨーロッパで大変な人気者でした。このフランクリンとボビージョーンズは、あのスコットランドのセントアンドリュースの町の市民権を取得している二人のアメリカ人になります。

 

コースについて最初に思ったのは、広い!!

駐車場からのシャトルバスから降りたのが、14番ホールのグリーン脇…

f:id:Toshibo:20210908100718j:image
f:id:Toshibo:20210908100714j:image

そこから1番ホール迄は完全に反対側…

しかも巨大な池がコースを二分しているので、ショートカットが出来ないのです。

 

この広さとコースレイアウト、各ホールのアンジュレーションなどこのコースで育ったボビージョーンズは様々な技術を学んだことは容易に想像できます。

 

ちなみにコースのHPでは、ティの設定が黒、青、緑、金の4つがあり、黒の総ヤーテージは、6,886ヤードでパー72。

それがツアーチャンピオンシップのセッティングは、7,346ヤードでパー70。

 

こんなセッティングをボビージョーンズはどう感じるんでしょうか?

 

f:id:Toshibo:20210908100821j:image

 

(8番ホールを歩く松山選手)
f:id:Toshibo:20210908100816j:image

 

 

(この趣のあるクラブハウスはボビージョーンズの歴史も一杯刻まれているそうです)
f:id:Toshibo:20210908100825j:image
f:id:Toshibo:20210908100819j:image

 

日本も含めて世界中に美しいゴルフコースは一杯あります。

このコースもとても美しかったです!!

 

一度位プレーしてみたいですけど、プライベートコースなので無理ですね( ノД`)シクシク…