としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

犠牲祭(Idul Adha、Eid ul-Adha)に今年も参加。神聖な儀式です。

広告

今年のインドネシアの犠牲祭(Idul Adha、Eid ul-Adha)は、8月22日。

昨年は三連休になりましたが、今年は水曜日という事で残念ながら連休とはなりませんでした。

 

イスラムの宗教的な行事なので、仏教徒の自分が参加するのもどうなのかよくわかりませんが、昨年に引き続きの参列となりました。

折角、外国に住んでいるのでその地の文化には接したいですからね。

 

インドネシアはその大半がイスラム教徒でありながら、国としては他の宗教も認めています。

八百万の神を受け入れられる日本人はピンときませんが

これは意外と画期的なことかもしれません。

 

その為、1年を通してキリスト教やヒンズー教、仏教などの宗教上の祝日が多数あります。

 

犠牲祭は、イブラーヒーム(アブラハム)が進んで息子のイスマーイール(イシュマエル)をアッラーフへの犠牲として捧げた事を世界的に記念する日。

生贄的な事は世界中にありますね。

 

モスリムの人は朝のお祈りをした後、会社に子供達を連れて集まってきます。

昨年も自分は神聖な儀式として、心に刻まれましたが

彼らにとってこの日が、どのようなレベルの位置づけなのかは正直わかりません。

 

ただ、休みの日はいつもゴルフ場に行く自分が、

犠牲祭に参加すると言った時の、ドライバーが嬉しそうな顔をした事が

とても印象に残りました。

 

モスリムの正装の中で特にメッカに巡礼した人は、

白い帽子「ハッジ」

を被るそうです。

白い帽子をかぶっている何人かいました。メッカに行ったんだ…

 

写真に写っている人は今回の儀式を仕切る、偉い人。

f:id:Toshibo:20180822143604j:image

 

黒い帽子は民族衣装的な意味合いが強いようですが

グレーの色の帽子もかぶっているので、よくわかりません。

まぁ、おしゃれ感覚なんでしょうね~。

寛容の国、インドネシアです。

 

自分はインドネシアの正装でもある、バテッィクを着て参列しました。

 

さて、今年も3頭の牛を捧げます。

雄牛です。

 

木にロープでつないだ牛をしばって、横にさせるところからスタートです。

 

3頭の牛は、それぞれ少し話していて、

見えないように幕で遮ります。

(去年はボードで仕切りました)。

 

これは、牛も仲間の牛が殺されることを理解することへの配慮です。

自分の順番が来た時に涙を流すこともあるようです。

 

400 kgの子牛ですが、ロープで縛って倒そうとする時は

全力で抵抗します。

大人が7,8人必死に抑え込みます。

f:id:Toshibo:20180822143626j:image

 

蹴られてしまったら、打ち所によっては人が死んでしまいますからね。

 

牛が動けないように横になると

祈りを捧げます。

皆が祈りを唱えるシーンは神聖です。

f:id:Toshibo:20180822143640j:image

 

その後は、それこそ、犠牲になってもらう事になります…

 

今回も多くの子供たちが参列していました。

女の子も興味深く見ています。

f:id:Toshibo:20180822143654j:image

f:id:Toshibo:20180822143658j:image

素晴らしい事だと思いますね。

 

最後はタンとフィレの部分、あとはどこだかわからない部分を一杯もらいました。

 

ありがたく頂きたいと思います。

 

www.toshibo-enjoylife.net