としぼうのエンジョイ・ライフ

ゴルフ、グルメ、スイーツ、旅行に関する日常を公開します。

豚肉が使えないエリアで鼎泰豐にいってみた。鶏肉の小籠包や他の料理もどれも美味しいです!

広告

インドネシアの食事・レストランで多くの日本人が気にしているのは、

豚肉が使われているか?

です。

 

当然、モスリムの人達の方がもっと深刻に気にしているわけですが…

 

多くの日本人は、料理に豚由来の食材が使われていないと、

あまり美味しくないと思ってしまいます。

 

特にラーメンや餃子などや

中華料理などです。

 

特に中華料理は、豚系が使われていないとやはり味が少し落ちると感じます。

ジャカルタの中心部から北部には、中華系の人達の生活エリアが多く(中華街とは少し違いますね)、

豚肉を普通に使います。

 

本格的な中華料理が食べたい時は、このエリアに行くしかないのですが

普段の生活範囲から外れるので、なかなかわざわざ行く機会がありません。

 

今回、モスリムの人と昼食を食べる機会があり、

プラザスナヤンで食事をしました。

 

何となく、小籠包が食べたくなり

パラダイス・ダイナスティ

に向かっていました。

ここの小籠包は美味しいです。

というのも、このエリアでは珍しく、豚肉を使っているからです。

 

www.toshibo-enjoylife.net

www.toshibo-enjoylife.net

 

 

モール内を歩いて行くと、

鼎泰豐

がありました。

 

鼎泰豐は大好きなお店で、本場・台湾で食べ歩きしたり、各国で食べています。

ただ、ここの鼎泰豐は豚肉を使っていません…

 

ん???

 

そうだ、一緒にいるのはモスリムなんだ…

豚肉が食べられないんだ…

 

急に気がつきました。

 

ふと気がついて、鼎泰豐のお店を見ると店の前には

No Pork

の看板が…

 

今まで豚肉を使えない鼎泰豐では、食べた事が無かったと記憶しています。

 

これは、試しに入ってみようと思い、お店に入りました。

 

ちょうど、お昼ちょっと前の時間で比較的空いていました。

テーブルがぴっちりと置かれた店内なので、

満員になると結構隣と密着するイメージです。

 

f:id:Toshibo:20180713205643j:image

 

鶏肉の小籠包とお決まりの麻婆豆腐、魚の甘酢の料理(酢豚みたいな魚バージョン)、

インゲンとエビのチャーハンです。

 

最初に出てきたのはチャーハンです。

f:id:Toshibo:20180713205936j:image

 

これがエビがプリプリしていて、味付けも優しい感じで美味しいです。

よくある、塩が効きすぎていることも無く、日本人好みの味です。

 

次に出てきたのが麻婆豆腐。

麻婆豆腐好きの自分としては、これは残念ながら不合格…

次は注文しません。

 

というのも、甘過ぎるんですね。

甘いといっても日本の甘口の麻婆豆腐とも少し違っていて、

別の食べ物のように感じました。

これは、インドネシアでジャワテイスト(甘い)になっている感じです。

 

f:id:Toshibo:20180713210058j:image

 

次に出てきたのがインゲン。

これは普通にお勧めです。

鼎泰豐では、空芯菜をよく食べるのですが、これも歯応えがありグッドです。

f:id:Toshibo:20180713210310j:image

 

続いて、魚の酢豚と同じテイストの料理。

これもお勧めです。

インドネシアは魚(IKAN)のフライが美味しいですが、

その技術を活かしています。

豚肉が使えないので、魚なんですが、酢豚があってもこれを注文すると思います。

f:id:Toshibo:20180713210448j:image

 

やっと最後に出てきたのが小籠包。

鶏肉です。

どんなものだろう?

と思いながら食べましたが、

普通に美味しくてびっくりしました。

f:id:Toshibo:20180713210857j:image

 

豚肉が使えないから駄目!

という事は無くて、どれも美味しかったですね。

 

これからは、もっと気軽に入れるようになりました。